Home »  » 雑記

Eclipse PHP IDE 0.7

Eclipse環境下のPHP IDEが、ZendやIBM支援の下でEclipse Project下で開発途上ですが、10月末に一挙にバージョンが0.7にあがって、stable buildとして、S20061026-M3がリリースされてました。
今までのリリースも何度となくダウンロードしてはテストをしていましたが、デバッグ環境が最近のバージョンではかなりの進歩を見せています。
従来のバージョンでは、ある決まったURLに対してのリクエストに対してのみのデバッグしかできず、単体テストレベルのデバッグしか行えなかったのですが、今回ダウンロードしたバージョンでは、ブラウザーでの対話中もデバッグが有効なままなので、任意箇所にブレークポイントを設定して、通常の対話シーケンスの中でのデバッグかかなり楽にできるようになりました。

簡単に言うと、今までは単純なGETリクエストのページのデバッグしかできなかったのが、POSTリクエストによるデータ更新なども簡単にトレースを取ることができるようになったということです。

WEBサーバと連携してのデバッグには、別途ZendFrameworkをダウンロードしてその中のZendDebugger.soをWEBサーバのPHP Extentionとして登録し、さらにEclipseを稼動させるPCのIPアドレスをphp.ini内にデバッグ許可端末として追加してあげる必要があります。
つまり、php.iniに


zend_extension="/usr/lib/php4/20050606/ZendDebugger.so"
zend_debugger.allow_hosts=192.168.252.254

のような行追加が必要となります。

Eclipse PHP IDE では、minahito氏が絶賛しているVS.PHPに比べると使い勝手は少し落ちますが、VS.PHPと同様にphpdoc形式のコメントを元にしたソース編集時の入力補助機能もありますので、無償ということを考えると、今までのEclipse環境下のTruStudioやphpeclipseに比べても、
かなりお勧めだと思います。

いずれにせよ、このようなデバッグ可能な開発ツールでXOOPS Cubeをステップ実行させると、どのようにしてXOOPS Cubeが動作しているかを目に見える形で理解するための良いツールとなるでしょう。



今週末の演奏会のお知らせです!

本当に間近になってしまいましたけど、今度の日曜日、7月2日に
「第六回 大阪男声合唱団 定期演奏会」が、大阪のドーンセンターにておこなわれます。
てなわけで、今週末は大阪まで行ってステージで唱ってきます。 :lol:

詳しくは、下のチラシを!

2006chirashi.jpg SIZE:1168x1366(338.1KB)



Windows Vista Setup中

Windows Vista Setup只今 Windows Vista Beta2のセットアップ中です。

MSから3.5GBのDVDイメージをダウンロードして、VMに512MBのメモリと20GBのディスク領域を確保してセットアップ開始。(これがMSが言う最小構成で、これを知らずに10GBのディスク領域確保したら、足りないって怒られました!!)

最初にDVDの内容をほとんどコピーしているらしく、この時点で3.5GB消費で、現在実行中の「ファイルを展開しています」が2/3完了したところですでに、7GB以上を消費しています。

ということは、おそらくセットアップで10GB程度の領域が必要になると言う事で・・・・・・

幾ら、大容量ハードディスクが安価になったとはいえ、たかがOSで10GBってなんなんでしょう?????
すべての機能を使用するには、それなりのGPUも必要になるって事ですし・・
いや〜ハードメーカにとってはありがたいOSですねぇ!



FlashPaper 便利かも!

Web上での印刷文書閲覧・配信といえば、AdobeのPDF形式が定番中の定番ですが、今はそのAdobe社に買収されてしまったMacromediaが、対抗馬としてFlashプラグインで閲覧が可能なFlashPaperという製品を出していたのはかなり前に聞いていました。

が、このFlashPaper、MacromediaがAdobeに買収された事もあってか、あまり注目を浴びてはいなかったのですが、とあるきっかけで、あの「ソースネクスト社」から、

といういかにも怪しげなタイトルのソフトウェアが1,980円でリリースされているのを知りました。最初は3rd PartyのPDF作成ソフトにFlashPaper作成機能をオプションとして強化したパッケージなのかと思っていたら、なんとMacromedia FlashPaper2の単体をそのままOEMで販売していたのですね。
Adobeからは、日本ではMacromedia Contribute 3とかMacromedia Studio8に同梱するものを入手するしか無く、米国で単体販売している物も79ドルという正価がついているのに、なんと1.980円です。(Lotus1-2-3も同じ価格で販売していますけど・・・・)

で、この安値につられて購入してみました。

(続き...)



WordPressの本がでました!

先週末に、WordPress MEを公開されている乙彼三太郎氏と、プラグインの作り方等を公開されている田中広将氏の共著による、WordPressの解説本が出版されました。
本書の76頁には、XOOPS版という事で 「のぶのぶXOOPS」のサイト紹介をしていただいています :-D
書籍を送っていただいたので、簡単に読ませていただきましたが、導入・設定からプラグインやテンプレートカストマイズまで、かなり詳しく書かれています。
巻末にはテンプレートタグリファレンスも完備されて、WordPress使いには必携だと思います。
XOOPSのWordPressモジュールは少々古いバージョンがベースなので、適用できない部分が多いかもしれません。

時間見付けて、テンプレートタグリファレンスの中のテンプレート関数の互換性だけでも検証していきたいと考えていますが、いつの事やら・・・・

それにしても、この出版社「Movable Typeでつくる!最強のブログサイト」って本も出版されてますけど、いったいどちらが最強なんでしょう 8-)



25 queries. 0.830 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

flagflag

メインメニュー

XOOPS初心者サーチ


Add to Google

Xoops Cube Project

XOOPS Cube Project Site

XC Developers Ring

http://img.simpleapi.net/small/http://www.peak.ne.jp/xoops/ SIZE:128x128(7.6KB)